スポンサーサイト組込みプレスSelection #1

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2009-03 /  > This Entry [com : 2][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-03-23

こちらのブログでは未紹介でしたので、念のため書いておきます。今週、「組込みプレスSelection #1」ということで、『組込みエンジニアのための C/C++プログラミングのヒント』が発売されます。私が「組込みプレス Vol.6」で書いた記事も収録されているようです。

もう一冊と違って、何名かの著者の手による記事が掲載されていますので、その意味では無難な出来になっていると思います。その点、『組込み現場の「C++」プログラミング 明日から使える徹底入門』の場合は、私の文章が気に入らなければ一冊丸ごと不満に思うことでしょう(逆もまた真ですが)。

実際に発売される日は書店によって若干の違いがあるとは思いますが、遅いところでも4月上旬には出るはずです。これら2冊を読んで参考にされるのもよし、アマゾン等で酷評するのもよし、といったところです。

Comment

サイ : 2009-04-27(Mon) 15:10 URL edit
どうも、週末秋葉に行って本を拝見しました。
今やっている仕事の役に立つかと思いましたが、
業務系からいきなりAndroidの組込み開発をしようとします。
ほんの中ではそうそうと理論はいいと思いますけど理解にくいですね。

なにかソースがあればと思いますけど。。。
PCではC++でよく使っている、<string>や<iostream>の代わりに(フリースタンディング環境では使えないため)
できる実装方法とかですね。 
業務系から組込みにshiftするのは大変ですね。

以上、よろしくお願いします。

たかぎ : 2009-04-27(Mon) 17:23 URL edit
> なにかソースがあればと思いますけど。。。
> PCではC++でよく使っている、<string>や<iostream>の代わりに(フリースタンディング環境では使えないため)
> できる実装方法とかですね。

このあたりは、アプリケーションごとに要求が異なるので、単一のものでどうにかするのが難しいところです。
細かく設定可能なテンプレートライブラリとかなら、ある程度の範囲をカバーできますが、使いこなすには相当C++の練度を上げなければなりません(ライブラリを設計・実装するにはそれ以上に練度が必要です)。
たとえそれでも、実験的に作ってみるのもよいのでしょうね。

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://cppemb.blog17.fc2.com/tb.php/118-e2612bf0

C++と組み込み環境 | Page Top▲

New >>
C++で書いたHello, World!はなぜデカいか?
<< old
来週、技術評論社から書籍が発売になります。
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。